高野接骨院スタッフブログ

2015.10.26|うちの子が踵痛いのは何だろう?(踵骨骨端症)

こんにちは志賀です。今回は踵骨骨端症についてお伝えしたいと思います。9月はスポ-ツなどで、踵(かかと)の痛みで、小・中学生の子供たちが多数来院されました。小・中学生のスポ-ツをするおこさんで、運動後や朝起きたときなどで、踵が痛いという(踵の後方に痛みがでる)障害で、急に強く痛むというよりジーンとするような慢性の痛みが特徴です。子供の踵の骨には骨端核と呼ばれる分裂した骨があります。骨端核の周りには軟骨があり15~16歳くらいで踵の骨と癒合します。軟骨成分の多い子供の骨は衝撃にも弱く、アキレス腱による強力な牽引力がかかると、衝撃によって痛みます。ランニングやジャンプの動作や偏平足の場合も負担がかかりやすい傾向があります。運動後アイシング、ふくらはぎや足底筋、アキレス腱の柔軟性を高めたり、足底板なども効果的ですが、やはり一時的にも運動量を少なくして治療するのが、早期回復につながります。

◎高野接骨院へお気軽にお問い合わせください

0292626600

診療時間: 平日08:30~12:00、15:00~20:00 定休日:祝日 ※日曜診療あり(不定期)

茨城県ひたちなか市湊泉町3-4
診療時間: 平日08:30~12:00、15:00~20:00 定休日:祝日 ※日曜診療あり(不定期)

金上 クローバー接骨院

0293545565

診療時間: 平日08:30~12:00、15:30~20:00 定休日:日・祝 ※祝日のある週は木曜日診療いたします

茨城県ひたちなか市金上1097-3
診療時間:08:30~12:00/15:00~20:00 定休日:木・日・祝

TOPへ戻る