小学生踵が痛い!

シ-バ-病、踵骨骨端症とも呼ばれ、成長期の10歳前後男児に多く見られる疾患です。

 

発育期の子供の弱い踵骨骨端部(アキレス腱が付いているところ)に運動などで負荷がかかり、そこにアキレス腱の引っ張る力が持続的に加わることで踵骨に血流障害が起こり、痛みを発生します。

 

 

原因・症状

【 原因 】

過度な運動など、オーバーユース(使いすぎ)が原因。

踵骨は成長の過程で1つのしっかりとした骨になっていきますが、成長期までは踵骨骨端核と成長軟骨に分かれており、非常に脆い状態にあります。

そんな時、長時間のランニングなどの過度な運動をすると踵骨骨端核に付いているアキレス腱や足底筋膜が強く引っ張るため、炎症を起こしてしまいます。

特にサッカーや陸上などの走る競技、剣道や体操などの素足で行う競技、バスケットボールやバレーボールなどのジャンプを多くする競技でよく見られます。

 

【 症状 】

踵の痛みと腫れ・圧痛・歩行時痛などです。

運動後に踵をつくと痛みが強く出るため、つま先立ちで歩く症状が見られることがあります。

 

 

高野接骨院での治療は・・・

オーバーユースが原因なので、第一に局所の安静過激な運動またはランニングなどを休止します。

高野接骨院では、炎症を抑える治療を行い、歩行時の痛み緩和させるために、アイシングや温熱治療・微弱電流・干渉波・超音波の物理療法、ふくらはぎや足底への手技テーピング・湿布・弾性包帯などでサポートします。

 

〜 注意 〜

シーバー病(踵骨骨端症)は痛みを放置すると、症状が進行し歩くことが困難なほどの痛みが出る恐れがあるため、早めの受診をオススメします。

◎高野接骨院へお気軽にお問い合わせください

診療時間: 平日08:30~12:00、15:00~19:30 定休日:祝日 ※日曜診療あり(不定期)

茨城県ひたちなか市湊泉町3-4
診療時間: 平日08:30~12:00、15:00~19:30 定休日:祝日 ※日曜診療あり(不定期)

高野接骨院へ
お気軽にお問い合わせください

高野接骨院 受付時間

8:30~12:00/15:00~19:30 
土曜は午後18:00まで 休診日/日曜・祝日

高野接骨院への
アクセス

湊泉町 高野接骨院 茨城県ひたちなか市湊泉町3-4 
那珂湊駅から徒歩5分

TOPへ戻る

ページのトップへ戻る